スポンサードリンク

矯正歯科の医師は何を基準に選べばよいですか?

歯の矯正をする意味を考えて見ましょう。
美容の目的で歯並びを良くするなら、美容整形でも行っています。
しかし、健康を保つ意味で歯並びを行うなら、信頼できる歯科医を選ばなければなりません。
日本矯正歯科学会の認定医であれば、歯の矯正を専門的に行っている歯科だということがわかります。
ひとつの目安となりますから、確認してください。
最近ではホームページなどでも歯科の情報は得られるようになりました。
私がお勧めするのは、ポール式矯正法という歯の矯正方法です。
他にも矯正の専門分野であったり、特別な方法を利用している歯科医などを探してみても良いでしょう。
歯の矯正を行うなら大前提として、歯をむやみに抜かない事が大切です。
歯の虫歯の治療も同様の事が言えます。
今までの虫歯治療はやたらと歯を削り、すぐに神経を抜いてしまう方法でした。
治療したというより、使えるように直しただけだと思います。
本当の虫歯の治療は歯をどれだけ残せるかという方法を考えるはずです。
虫歯を極力削らず、歯を存続させる指導も必要となってきます。
80歳になっても歯が残っている人は健康を保っています。
その為にも歯の矯正を行うにも、なるべく歯を抜かない方法を選んでください。
それらの情報はインターネットなどでも手軽に入手できますし、最近では歯の治療の最先端を行っている歯科医を紹介した雑誌なども売り出されています。
歯の健康を考える人が増えてきた証拠だと思います。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline