スポンサードリンク

矯正するとどのくらいの期間がかかるの?

美容の面で行う歯を抜く矯正の方法では2年くらいかかると言われていますが、歯を抜かない方法で徐々に歯を動かしていくなら3年くらいは見ておいた方が良いでしょう。
しかし、歯を抜いてしまうという事は、それなりの問題があり、何歳になっても自分の歯で食べられる方が健康上良いのです。
一般的な矯正方法では、永久歯が生える頃に矯正を行い、歯を数本抜いて歯並びを整えます。
歯を抜いた分歯並びが整うのも早く済みますが、歯を抜くのは健康上あまりお勧めできる方法ではありません。
歯を抜かない方法では乳歯が生えそろう頃から矯正を始めます。
乳歯の頃に矯正を行うと、乳歯が抜けて大人の歯に変わる時に、歯の並びを整えながら行う事が出来ます。
それ以降の永久歯が生えても矯正は行えますが、一番理想的なのは乳歯からの矯正となります。
乳歯から始めると乳歯が抜けて次の歯が生えるまでの期間、歯の矯正を行っていますから、歯並びが悪い状態で次の歯が生えてくる事はありません。
矯正を行いあるべき所に歯を導くのですから、永久歯が生え揃えば矯正は完了します。
永久歯が生え揃うまでは子供によっても異なりますが、5年〜8年ほどかかるのが一般的です。
乳歯から行う矯正方法は、簡単な器具で済むため、あの嫌な金属の矯正器具は必要としません。
その為、長期間の矯正となってもそれ程負担が無く済みます。
外国では子供に歯の矯正を行うのは、親の務めだと思っていることが多いようですが、日本でも小さいころから歯の矯正を行い健康を保つ為の手段として行うようにしましょう。
永久歯が生え揃っている矯正ではなるべく歯を抜かないようにしていても、どうしても抜かなければならない場合も出てきます。
本来あるべき所に歯を持っていくためには、乳歯の頃からの治療が大切です。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline