スポンサードリンク

大人になってからでも矯正はできますか?

歯の矯正は子供の頃に行っておく方が良いのです。
しかし、大人になっても歯の矯正は行えます。
歯の矯正は器具を利用し、少しずつ歯を動かしていく方法をとっているため、子供の頃に行う方が良いと言われていますが、実は歯は何歳になっても動く事が分かっています。
子供の頃には見た目的にあまり気にならないので、歯の矯正を行わない人もいます。
しかし、大人になってみると歯並びの影響で体に様々な影響を及ぼしている事を知り、歯の矯正を大人になってから行う人も多いのです。
肩こりを治すなどの目的で歯の矯正を行う人もいます。
大人になってから歯の矯正を行う人たちは、かみ合わせによって健康状態が悪くなっているのではないかと考えるようです。
実際に口腔の環境と健康は切っても切れない関係にあり、それを理解して矯正する人は健康状態が改善されています。
大人の場合には、歯が動くかどうかの問題ではなく、歯をささえる組織がしっかりしているかが問題となってきます。
歯槽膿漏が酷くなると歯の根元が溶け出してしまし、歯を支える事が出来なくてぐらぐらしてしまいます。
当然歯を動かすという状態にはない為、歯槽膿漏を治すことが先決となるでしょう。
このような理由から、できれば子供の頃に歯の矯正を終わらせておきたいものです。
歯が生え揃っている子供は、歯槽膿漏になっている可能性も低く、顎の骨もまだ固定されていないのでやりやすいのです。
若い頃から行うと良いのは、前歯の位置が上下逆のかみ合わせになっている場合です。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline