スポンサードリンク

矯正をしたいのですが、あの金属の器具は使いたくありません。

歯の矯正の必要性を知っている人でも、あの金属の金具を付けるのが嫌な人は多いようですね。
子供の場合は歯の矯正器具がいじめの原因にならないかと心配になったり、見た目の悪さや歯磨きの大変さを考えると今一歩矯正に踏み切れない人もいるでしょう。
今では歯の矯正の技術も進歩しているので、目立たないプラスチィック製のものなどもあります。
特にお勧めなのが、ポール式の歯の矯正方法です。
器具を歯の内側につける方法や、取り外しの効く器具を使う為、見た目的には普段と変わらない方法で矯正が行えます。
今までは表面に金属の器具が見えているので、口をあけた時や笑ったときにかっこ悪いという事がありました。
今では透明の器具を利用し表面に矯正器具を利用したとしても、ほとんど違和感の無いタイプもあります。
大人になってからの矯正ではやはり見た目も重要だと思います。
また、女の子の子供の場合には歯並びの悪さより、矯正器具の見た目の悪さの方が嫌な感じをしてしまう事もあるでしょう。
透明タイプの矯正器具では、歯を固定する部分に透明のプラスチィックを利用しています。
金具を固定する針金状のものはどうしても金属になってしまいますが、従来の器具に比べると随分目立たなくなったように思えます。
矯正の方法や矯正する段階によっても器具を使い分ける事ができ、学校に行っている間は取り外しが可能なタイプもあります。
それぞれ矯正のタイプによっても器具が異なってくるので、完全に目立たないとは言い切れないかもしれませんが、以前の方法に比べると目立たない方法だといえるでしょう。
それぞれの歯科によっても扱っている矯正器具が異なるので、目立たない器具を扱っている歯科を選ぶ必要があると思います。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline