スポンサードリンク

歯並びの悪くなる原因は何?

歯並びを悪くする原因には遺伝的な問題もあります。
その他にも後天的な要素で歯並びが悪くなる事があります。
虫歯などで歯を治療したまま長期間放っておくと、歯の欠けている部分に隙間が出来てしまい、両サイドの歯からの圧力で隙間が徐々に狭くなってしまいます。
また、乳歯の時に歯が抜けたままの状態を続けるのも、歯の隙間を狭める原因になります。
乳歯を抜いた後には、必ず歯の隙間を固定する器具を入れなければなりません。
人工的な歯ですが、両サイドの歯にフック上に固定し、両端の歯が傾かないようにしておきます。
乳歯が生えてきたら歯は外します。
また、乳歯が抜けた後に、永久歯が中々生えてこない場合にも歯並びを悪くしてしまいます。
その場合には歯が傾くまえに、適切な処置が必要となるでしょう。
その他には歯が生え揃っていても、いつまでも指しゃぶりやおしゃぶりをしているケースです。
指やおしゃぶりが歯に当たっている箇所がずれたりしてしまいます。
しかし、歯が生え揃っていない乳児のおしゃぶりは舌の筋肉を強くするために逆にお勧めしたい事です。
また、頬づえや色々な癖も歯並びを悪くする事になります。
顔の骨格を歪ませ、歯並びを悪くしてしまいます。
いつも同じ方向を向いて寝たり、同じ場所だけを使って食べ物を噛む癖も、片方だけ圧力がかかり顔の歪みの原因になります。
子供の場合は、自分で歯を磨けるようになっても時々歯のチェックをしてあげたり、仕上げ磨きを行って歯並びを悪くする要因を取り除く事が出来ます。
大人の場合は長年染み付いた癖が原因となっている事もあるので、よく思い返してみましょう。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline