スポンサードリンク

さし歯と矯正治療はどこが違うの?

さし歯は歯の土台を残し、人工的な歯を土台に接着して見た目を優先させる方法です。
歯の見える部分は人工的な歯となりますから、見た目は良くなりますが、土台と人工歯とのつなぎ目が劣化しだめになる可能性もあります。
歯を矯正するために表面にある歯を削ってしまうのは、本当の意味での歯の矯正とは呼べません。
美容の面での歯の矯正は歯を抜く事が多くあります。
歯並びを改善するだけですから、さし歯を利用し人工的に作り上げるだけです。
しかし、矯正治療は歯を抜かないで器具を利用し、少しずつ歯を動かす方法なので、自分の歯を維持する事が出来ます。
歯は出来るだけ抜かない方がよく、自分の歯で噛める方が咀嚼をする意味で役割は大きいのです。
さし歯は表面に見えている部分を削り取る為、元もとの歯並びを改善する事は出来ません。
その為治っていない歯並びに人工的の歯を付けても、歯の角度がずれてダメになる事も多いのです。
また、人工の歯と土台の部分のつなぎ目が劣化すると、その部分から細菌が入り込み虫歯になる事もあります。
本来の健康を保つ為の歯の矯正では歯を抜く事はしません。
今ある歯を生かし、自分の歯でご飯が食べられるようにしていきます。
自分の歯より良いものは存在していません。
歯が老人になっても残っていると、噛むという動作が脳に刺激を与え、いつまでも若々しくいられますが、総入れ歯などになってしまうとボケが出しまう事もあるようです。
美容の意味でむやみに歯を抜く事は進められません。
早い段階で歯を失う事になりかねないからです。
少しずつ歯を移動させる本来の矯正方法では、顔の骨格などにも影響をあたえるので、成長期でまだ骨が柔らかいうちに歯の矯正をする事が望ましいのです。
日本では歯の矯正は親の役目という解釈はまだまだ少ないようですが、子供のうちから信頼できる歯科とお付き合いをし、適切な矯正を行う事が大切です。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline