スポンサードリンク

とりはずしができる口腔内の装置

取り外しが簡単に出来る歯の矯正器具もあります。
一般的には歯に固定してしまうので、取り外しは出来ません。
その為、歯磨きの指導は必ず行われます。
一方矯正器具を外せるタイプでは、家に居る間のみ治療を行う事が出来ます。
歯磨きをするときも取り外しが出来るので、通常の歯磨きで問題ありません。
前歯の咬みあわせが反対の場合に取り外しが可能な器具を利用し治療することがあります。
下の歯に装着し、咬みあわせを寝ている間に矯正します。
マルチブラケットを利用しなくても、取り外し可能な器具で数ヶ月で治る事もあります。
また、顎の関節が固い場合にも利用され、ポールスプリントと呼ばれています。
その器具は上の歯と下の歯で噛んで利用する器具です。
舌の位置が正しくなり、いびきをかかなくなるというメリットもあります。
取り外しが出来る器具が利用できるかは、その人の歯の状態によって異なってきます。
歯の矯正を行うなら、一日中ではなく夜のみの矯正の方が良いという場合もあるでしょう。
その人の状態によっては固定型のほうが効果があったり、取り外し方の方が効果があったりもします。
患者の問題によって取り外しの器具を希望する場合には、歯科医に相談の上利用されてください。
取り外しが出来る矯正器具のデメリットは、正確な位置に器具を装着しなければならない為、指導が必要な事、器具を紛失しないように気をつけることが大切です。
一般的な固定式に比べると歯の移動時間が短く、治療期間が長くなる事もあります。
その歯の状態によっても異なってきますが、一般的にはワイヤーを利用したタイプの方が効果が高くなります。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline