スポンサードリンク

マルチブラケット

マルチブラケットと呼ばれる歯の矯正器具は、一般的な歯科でも利用されている、多くの人が知っているタイプです。
歯の表面に金属の矯正器具をつけるタイプです。
歯の一本1本を固定し、歯を直接動かして矯正を行います。
ブラケットは歯を固定する部分に、透明のプラスチィックのものを使う事も出来ます。
見た目が気になるなら、透明のタイプを利用すれば良く、針金状の部分だけが金属で目立つだけです。
歯は一本ずつ微調整が行え、定期的に角度を調整して歯を動かせます。
位置を調整したときには歯が動く為、違和感が感じられたり、痛みを感じる人もいます。
ブラケットを利用している場合は、固いものがかみにくかったり、痛みの為柔らかいものしか食べられない人もいます。
一本一本歯を固定している為、ブラケットと歯の間に汚れがたまりやすいです。
歯磨きの指導は必ず行います。
この矯正器具は大人の矯正に利用され、3D装置を利用し歯を多少矯正してから、マルチブラケットを利用し仕上げに利用します。
その為、長期間目立つマルチブラケットを利用しなくても良いので、見た目も気にしなくて良いでしょう。
しかし、マルチブラケットのみで歯を矯正する歯科もあるので、治療方法を詳しく聞いたうえで利用されると良いでしょう。
金属の金具を付けたくないなら、治療方法と自分の考えが一致している歯科を選ぶ事も必要なのです。
矯正器具の痛みは3D装置の場合はほとんど感じませんが、マルチブラケットの場合は対象の痛みが感じられます。
人によっても変わってきますが、数日間食事が出来なかった人もいれば、軽い痛みが数日続いた人、1ヶ月痛みで満足できる食事が出来ない人などです。
矯正の痛みは、歯をどのくらい動かすかによっても異なってくると思います。
不安があるなら歯科医の説明を良く聞き納得のいく治療を受けましょう。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline