スポンサードリンク

3D装置

ポール矯正方法では、3D装置というものを利用します。
この矯正器具は歯の裏側で利用する為、見た目も気にならず歯の矯正を行えます。
歯の痛みもほとんど感じられないため、矯正しているという事を忘れるくらいの快適さです。
この矯正器具は子供の歯の矯正に利用され、乳歯が生え揃って永久歯が生えてくるまでの期間利用されます。
自然と歯の矯正ができ、永久歯が生えてきたときに正しい場所に生えてきます。
前歯の咬みあわせが反対になっている場合も、この矯正器具で行えます。
歯の上側から針金のような金具を付けているだけなので、本当に矯正の意味があるのだろうかと感じられると思います。
しかし、内側から歯を矯正する事により、成長期の子供の顎の発達を阻害しません。
装着するのは両サイドの歯1本ずつなので、歯磨きの時でもあまり問題にはなりません。
効果は確かなもので、1週間この器具を付けだたでで効果を感じられる人もいます。
この器具を使っての歯の矯正は、上の歯と下の歯それぞれ別の矯正器具が必要となります。
内側から外側に圧力をかけるため、顎のサイズに対して歯が並びきれないような矯正にむいています。
子供の歯の矯正にはほとんどこのタイプを利用するので、違和感があったり、他人から見られて恥ずかしいなどという事はありません。
顎の未発達がある子供には、顎の骨を広げる事が有効になります。
長期間使い続けていても違和感が無い為、患者にも負担がありません。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline