スポンサードリンク

矯正器具の使用目的

矯正器具の使用目的を明確にしておきましょう。
口の中の健康は普通は虫歯があったり、歯周病があれば、食事が出来なくなったり、痛みを感じるので治療を行います。
しかし、本来の口の中の健康は虫歯が出来たら治療をするという意味ではありません。
虫歯が出来ないような指導や定期健診も重要となるのです。
また、口の中の健康は歯並びも関係してきます。
学校などでは歯の検査は虫歯が無いか、虫歯が治療しているかなどを見ますが、歯並びに関しては検査をしないのが普通です。
口の中の健康を保つなら、虫歯のチェックと共に、歯並びもチェックする必要があります。
日本の歯科の指導方法が、歯並びも重要だという事が知れ渡っていれば、若い頃から健康を維持する事も出来るはずです。
歯並びの悪さは様々な健康状態に影響します。
歯の矯正の目的は見た目で行う人も多いようですが、健康に影響を与えるという事を知っている人は、様々な健康状態を改善するために歯の矯正を行っています。
例えば、肩こりや頭痛、アトピー性皮膚炎、胃腸障害、体が弱いなどの健康状態の改善です。
また、歯並びが悪くて口が閉めにくい場合や、食べ物が食べにくいなど生活に支障が出る事も理由の一つとなっています。
顔の骨格に歪みを生じている場合には、歯の矯正により正しい位置に戻り、女性特有の生殖器の異常などや、いびきなどが治る事もあります。
歯が正しい位置に戻る為、酸素を多く取り込むことができ、脳に十分な酸素量が供給されて集中力がアップします。
その他にも体調が優れない点があったら、歯科医に相談してみると良いでしょう。
意外と歯の影響があるとは考えていない人も多いようですが、歯の矯正を行った人の多くは、見た目の改善だけでなく、健康面でも効果を実感されています。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline