矯正治療について 目次

矯正治療の費用
矯正治療の方法
矯正治療の流れ

スポンサードリンク

矯正治療の方法

歯の治療方法にも色々な方法があります。
例えば、永久歯が生え揃っている場合で、歯を抜かなければならない時です。
あまり酷い状態になっていれば、歯を数本抜く事が必要となります。
なるべく歯を抜かないで済ませれば良いのですが、状態によっては抜かなければなりません。
永久歯が生えてしまった頃からの治療では、歯を抜く事も珍しくありません。
歯を抜く事はデメリットですが、1〜2年と一番短い時間で終わらせる事が出来ます。
一般的に行われているのは、この治療方法になります。
次に永久歯を抜かないで見えない器具で矯正する方法です。
永久歯が生えていても早い段階であれば、この方法で矯正する事も出来ます。
しかし、一般的に利用されている方法に比べて時間がかかるのが特徴です。
もう一つが一番理想的で、乳歯が生え揃った頃から行い、永久歯が生えてくる時に正しい状態で生えてくるように矯正を行う方法です。
乳歯が生えそろう頃から12〜13歳くらいまでゆっくりと矯正する必要があります。
この方法が歯の矯正の理想の形で、無理に歯を矯正するのでは無く、歯が正しく生えてくる事を補助するのみです。
ですから、簡単な矯正器具でよく、診察も月に1回で済みます。
また、歯を簡単な固定をするだけですから、痛みが無く、器具も内側に付けて見た目も良いのです。
どの治療方法を行うかは、その人の歯の状態や時期によっても異なります。
できれば早い段階の家から歯の矯正を行う事が大切なのです。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline