スポンサードリンク

噛み合せ・顎関節のチェック

顎が小さい人は、歯が顎に納まりきらずにガタガタの歯になってしまいます。
子供が咬みあわせが悪い状態で成長を行ってしまうと、顎の成長にも支障が起こります。
例えば、歯のかみ合わせの位置がずれている場合です。
通常は上の歯が下の歯に覆いかぶさっている状態が普通です。
しかし、歯の咬みあわせが悪いと下の歯が表面にでたり、歯の被さり方が深くなってしまう事もあります。
その場合では、顎の成長にも支障をきたし、一方の顎の成長が過剰になる可能性もあります。
上の顎と下の顎のバランスが悪く、顔の輪郭にも影響が出てきます。
酷くなると下あごが出っ張った形になったり、顔の輪郭が曲がっている人も出てきます。
そうなってしまうと、歯の矯正では改善する事が出来ず、美容形成なども考えなければなりません。
顔の骨格が歪んでしまうと、口をあけたときに「カクッ」と音がすることもあります。
酷くなると口が開きにくくなったりと、歯並びと顎の関係も大切なのです。
歯の矯正は見た目だけと考えている事も多いようですが、実は顎の形成に大きく関わっているので、子供の頃から歯並びをチェックする必要があるのです。
子供の頃から歯並びを矯正していれば、顎の形成にも支障が起こらず、将来手術をしなくても治す事が出来ます。
しかし、大人までほうって置けば外科手術で骨を削るという必要性が出てくるのです。
歯並びは見た目だけを考えるのではなく、様々な健康障害を引き起こすことなのです。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline