スポンサードリンク

矯正治療はどんな場合に必要なのですか?

歯の矯正は一般的には歯の並びが悪い人が行います。
見た目の悪さもありますが、歯の並びや噛み合わせの悪さが体に健康被害を与える事もあるのです。
その他には舌の筋肉が弱い人も矯正を行う事があります。
自分の歯で噛むという習慣が持てれば、長生きできるとも言われていますし、歯がなくなってしまった人とボケの関係も指摘されています。
噛むときに出る唾液は若返りのホルモンが含まれているので、ボケにくいとも言われています。
しっかりとした唾液を出すためにも、噛みあわせが良くきちんと噛むという事が大切となります。
舌の筋肉は歯の矯正とは関係ないように思えますが、舌の役割は人が物を食べる為に重要な役割を持っています。
赤ちゃんの頃にはお母さんのおっぱいを吸うという動作を行い、舌の筋肉を鍛え、歯が生えてくると食べ物を良く噛んで飲むという事に役立っています。
見た目の悪さだけが歯の矯正に必要なのではなく、健康的に生きていくために必要となるのが歯の矯正なのです。
唾液が十分に出ていなければ消化がうまく行きませんし、口臭の元にもなってしまいます。
消化は胃だけで行われているのではなく、口の中でも唾液によって消化が行われているのです。
胃もたれを起こしているときには薬を飲んだりと治療を行いますが、口の中は意外と健康に影響している事を知らない人も多いようです。
歯並びが悪いときにはきちんと噛めていない事も考えられます。
矯正によってきちんと噛む動作が出来るようになれば、唾液の量も増えますし、咀嚼によっていつまでも健康で居られる事になります。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline